【あす楽対応】 ) Jマイケル ( Michael J TN-900 送料無料 C】 セット TN900 【 テナーサクソフォン 初心者 本体 サックス 管楽器 テナーサックス アウトレット 新品-テナーサックス




長持ちするレジェールリード付き。初心者も沢山練習できます。


サックスには種類があり、一番定番のものが「アルト」になります。アルトサックスとテナーサックスの違いですが、簡潔に言ってしまうと、「サイズ」「調子(音域)」「音色」でしょうか。

テナーの方が大きく、大きいのでアルトより低い音になり、よって出る音の音域が変わります。

ただ、運指はほぼ同じですが、サイズが違うことで調子が異なりま すので、「同じドの運指」で音を出したら、アルトはピアノで言う「ミ♭」、テナーは「シ♭」が出ます。

曲によって持ち替えてどちらも演奏する方もおられますが、口にあたるマウスピースのサイズ、楽器の本体のサイズが若干違いますので、吹奏感はかわります。

サックス奏者には圧倒的にアルトが多いですので、最初によくわからず手にされるのでしたら、まずはアルトからがおすすめです。

少し抽象的になりますが、テナーサックスはジャズなどでも使用され、太くしっかりした抑揚のある音色を出すことができます。合唱などで、ソプラノ/アルトなどとパートが分かれているように、サックスもアルト/テナーとパートが分かれているような感じですね。

管楽器は見た目だけではなく、カラー(素材/仕上げ)によって、音色が異なります。こちらはゴールドラッカーで仕上げてありますので、フォルテの音抜けがとても良く響きます。

渋いソロを吹けばとてもかっこ良いものです。 抵抗感があり、大人のしっかりした息にも十分こたえてくれます。軽めの音色で抜けが良いので機動力に富んでおり、深い音色を低音までしっかり鳴らしたい方におすすめです。

サムフックは角度調整が可能なので、構えやすく吹きやすいので正しいアンブシュアでしっかりと練習が出来ます。鋼製針バネの採用によりレスポンスが向上しましたので早いフレーズの多い曲でもスムーズに吹きやすいと思います。

その品質の良さはヤマハミュージックメディア「HORN PLAYERS ホーンプレーヤーズ」、「Jazz Life」、BAND JOURNAL別冊の 「ASOVIVA! 管楽器パラダイス」、「JAZZHORN」 など数々の雑誌に取り上げられております。

詳しい取説、運指表、他豪華なセット。Jマイケルの管楽器は一流ブランドのお品に比較してお安く、安心保証ですので年間を通し誕生日、クリスマス、バレンタイン、入学 進学 のお祝い、贈り物、プレゼントに選ばれています。


◆弊社では管楽器を倉庫で長期在庫することはほぼございません。Jマイケルの商品はプロの手でしっかりと調整を行って頂けるよう、事前にメーカー(名古屋:マックコーポレーション)の 担当とお話をさせて頂き、代引き以外の殆どの場合はメーカーから直送をさせて頂いております。そうすることで出荷の前に1本づつ再調整が可能となります。 Jマイケルの商品のみのご購入の場合、早ければ即日出荷も可能でございますが時間に期限がございますのでお急ぎの際にはご相談下さいね。(但し、必着のお 約束は出来かねます。)

J.Michael Tenor saxophone TN900 Jマイケル TN-900 テナーサクソフォン

■木管楽器 サクソフォン テナー
■調子:B♭調
■High F♯,フロント Fキィ付
■管体、キィ:クリアラッカー仕上げ
■ベル彫刻入
※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。

セット内容

■テナーサックス 楽器 本体 
■マウスピース
■ケース(リュックタイプ) 
■保証書/取り扱い説明書/運指表
■リガチャー
■マウスピースキャップ
■予備リード2枚 
■ネックストラップ 
■クロス 
■グリス...コルク部分などに塗ることでセッティングをスムーズにします。
■クリーニングスワブ...管内の水分を取るスワブ。演奏後、必須です。
■クリーニングペーパー...演奏後タンポの水分を取る紙。
■レジェールリード...プラスチック系素材の葦(通常のリード)より断然長持ちするリードです。

※セットの一部が別送/品切れ時は後送りになる場合がございます。

中国製の楽器について

中国製の評判はネットでも良く言われませんが出た当 時から比較したら随分品質もよくなってきています。否定意見をお持ちの多くの方は、きっと演奏する技術 と耳を持った方だと思います。本格的に学校での部活や楽団に所属しコンクールなどを目指すレベルにいる場合と、あくまで個人でひとりで初めて楽器を演奏す る方では目的が異なると思います。 吹 奏楽での使用であれば最低ラインはヤマハ、ジュピターになり予算でいうと目安として14万円以上の金額を出せるかどうかが境目になると思います。そ の価格 が 予算的に無理であればブランドものはあきらめるしかありません。ただ、どこかに所属される場合は必ず相談のうえ自分の楽器を決めましょう。というのは、管 楽器といえば、「オーケストラ」「クラシック」というイメージですよね。わたし個人的には、気軽な軽音楽と比較して、基礎に忠実、ピッチ にシビア、伝統を大事にする世界だと思います。わたしが学生の頃には楽譜を読めない苦労に悩まされました。なぜならピアノを習っている人がやっぱり多いの です。そのような中の一員になるということは、人に求められる音や技術が高いと思います。それを再現するものが自分の楽器ですので、その楽器がしっかり応 えてくれるレベルのものかどうか...やはり品質は価格に比例するのです。中学の吹奏楽部で使用する楽器であってもコンクールを目指す学校の部員達のほと んどは数十万の楽器が普通、ということもございます。かといって、そのままプロになるかというと、そういうことでもありません。きっと、そういう世界なん です。 と はいえ、全ての方に安い楽器をおすすめしないかというとそうではありません。お金を出せば良い楽器が手に入るのは当然です。ある程度演奏ができる方で生涯 1本目の楽器を使い続けるというのはあまりありません。あなたは今、各メーカーの音の違いが分かりますか?ざっくり言いますと、楽器は高額なものになるほ ど「個性」が強くなります。楽器選びは好みや演奏性が決め手になりますが、それには練習し技術と耳を養う必要もあるのです。「それまで」の楽器になにを選 ぶか、どういう目的でどれ選ぶか、少し見えてきませんか?管楽器は取り扱いに注意も必要です。初心者に扱い易いものは、丈夫で、高額なメンテナンス料の心 配が少ない、アフターケアがしっかりしているものです。ブランドものの中古や無名の楽器を買って使い捨てになっては意味がありません。もう一度、どのよう な環境でどういった目的で買うか考えてみてください。